長崎県専修学校各種学校連合会

長崎県内の専修学校・各種学校をご紹介します。

〒852-8106 長崎県長崎市岩川町5番13号

連合会事務局 TEL 095-844-1378

専修学校について よく分かる専修学校のしくみ

「専修学校」ってどんな学校?
 専修学校では、将来の仕事に役立つ学びをすることができ、それぞれの目標や夢に向かって迷いなく進むことができます。なりたい自分になるために、学びを求める皆さんの前には、たくさんの可能性が広がっています。

  専修学校は、専門的な知識と技術を身につけるための学校です。
  学校教育法で定められた正規の学校です。
  入学資格の違いにより、専門課程・高等課程・一般家庭に分類されます。
  学科によって1年制から4年制までのいろいろなコースがあります。
  学習内容に応じて、就職や進学などさまざまな進路を選ぶことができます。

専修学校とは?

 専修学校は、昭和51年に新しい学校制度として創設されました。
 学校教育法の中で専修学校は、「職業若しくは実際生活に必要な能力を育成し、又は教養の向上を図る」ことを目的とする学校であるとされ、実践的な職業教育、専門的な技術教育を行う教育機関として、多岐にわたる分野でスペシャリストを育成しています。
 専修学校には、入学資格の違いにより3つの過程があります。

※専修学校は、授業時数・教員数や施設・設備などの一定の基準を満たしている場合に、都道府県知事の認可を受けて設置されます。

専修学校の位置づけ
(※1)修業年限が4年以上等の用件を満たした専門学校の修了者は大学院へ進学可能です。
(※2)修業年限が2年以上等の要件を満たした専門学校の修了者は大学へ編入学が可能です。
(※3)一定の要件を満たす高等専修学校の修了者は大学・短期大学へ進学が可能です。また、修業年限が3年以上の高等専修学校の修了者は、専門学校へ進学が可能です。

↑このページのはじめに戻る

専修学校には入学資格によって3つの課程があります

(1)専門学校(専修学校専門課程)
 専修学校のうち専門課程を設置する専修学校を「専門学校」と呼びます。専門学校は約2,800校あり、約58万人が学んでいます。  社会のニーズに即応した柔軟かつ実用的なカリキュラムによって、より高度な専門的技術・技能の習得を目指す教育機関であり、今や大学に次ぐ高等教育機関として重要な役割を担っています。
 近年、資格の取得を目指して、大学や短期大学、高等専門学校を卒業してから専門学校に入学する学生が数多くいます。平成24年度においては、専門学校入学者の約8%にあたる2万2千人を数えています。
 また、専門課程修了者の社会的地位の向上を図るため、修了時には学習時間・内容等に応じて「専門士」「高度専門士」という称号が付与されたり、大学への編入学、さらには大学院への入学も可能となっています。

「専門士」って?
 以下の要件を満たした課程で、文部科学大臣が認めた専門学校の修了者に対しては、「専門士」の称号が付与されています。
なお、「専門士」の称号が付与された者は、短期大学卒業者と同等以上の学力があると認められる者として、大学への編入学の資格が与えられています。平成25年1月現在、修業年限が2年以上の学科のほとんどが、「専門士」の称号が付与される課程として認められています。

「高度専門士」って?
 以下の要件を満たした課程で、文部科学大臣が認めた専門学校の修了者に対しては、「高度専門士」の称号が付与されています。「高度専門士」の称号が付与された者は、大学卒業者と同等以上の学力があると認められる者として、大学院の入学資格が与えられています。
 平成25年1月現在、修業年限が4年以上の学科のうちの約9割以上の学科が、「高度専門士」の称号が付与される課程として認められています。

大学への編入学はできるの?
 以下の2つの要件を満たすものは、大学へ編入学できることが可能となっています。
  ① 修業年限が2年以上で、総授業時数が1,700時間以上の専門学校の修了者
  ② 高等学校卒業や高等学校卒業程度認定試験合格者など、大学入学資格を有する者
 ただし、編入学ができる年次や認定される単位数など、編入学に関することは各大学で定めています。事前に、希望する大学への入試課へ問い合わせ、編入学に必要な手続きや書類等について調べておくことが必要です。
 平成24年度は約2,000名が大学に編入学し、学んでいます。

大学院への入学はできるの?
 専門学校のうち、下記の4つの条件を満たした者で、文部科学大臣がしていした学科の修了者は、大学卒業者と同様に大学院入学資格が得られます。

(2)高等専修学校(専修学校高等課程)
 高等課程を設置する専修学校を高等専修学校と呼びます。高等専修学校は、約450校あり、約4万人が学んでいます。技能や実務面の教育に重点を置いて、社会に出てすぐに役立つ教育を行っており、高等学校と並ぶ中等教育機関として位置づけられています。
 入学資格は、中学校卒業となっています。

(3)専修学校一般課程
 専修学校一般課程は、入学資格として中学校卒業や高等学校卒業などの限定をしていません。誰でも自由に、専門的な知識・技術を学べるところに特色があります。  和裁・洋裁や美術、調理など多種多様な分野があり、約190校、約3万3千人が学んでいます。
 入学資格は、どなたでも大丈夫です。

↑このページのはじめに戻る